【スケボー初心者向け】乗り方を20枚のイラストと写真で解説

アイキャッチ 初心者向け
スポンサーリンク

スケボーを買ったけど、乗り方がわからない。
基本的なことを教えて欲しい。。。


この記事では、スケボーを買ったばかりの方のこのような悩みにお答えします。


記事の内容は、以下の内容です。

・スタンスの決め方
・正しい乗り方
・1番最初に練習すること


主に、この3つのことを、イラスト写真動画も交えながら、わかりやすく解説します。


この記事を読めば、スケボーの最初の基礎の部分がわかりますよ。


では、いってみましょう。


スポンサーリンク

【スケボー初心者向け】乗り方を20枚のイラストと写真で解説

スタンスの決め方


まずは、スケボーに乗る前のスタンスの決め方を解説します。


スタンスのポイントは、2つ。

・どちらの足を前に置くか?
・足の置く場所


この2つです。


まずは、下のイラストを見てください。


スケボー



スケボーでは、2つのスタンスがあります。


左足前が、レギュラースタンス


レギュラースタンス





右足前
が、グーフィースタンスです。


グーフィースタンス




左足が前(Regular) → レギュラースタンス

右足が前(Goofy) → グーフィースタンス



人によって、乗り心地の良い向きがあります。


でも、、、、
どうやってレギュラー、グーフィーを決めたらいいんだろう???
自分はどちらかわからない。。



このように初めてスケボーに乗る方で、わからない方もいますよね。。。


実際にスケボーに乗ってみて決めることもできますが、、、


自分がどちらのスタンスなのか簡単に確かめる方法があるので、紹介します。



綱引きの時に引きやすかった向き


最初に紹介するのは、綱引きの時の体の向きです。


綱引きは、小学校の運動会にやった、あの綱引きです。


実際に、綱を引く動作をしてみてください。

綱引き

▲綱引きのイメージ


今、左足前で引いていますか?


それとも、右足前で引いていますか?


もし、


左足前が引きやすかったら、レギュラースタンス。


右足前が引きやすかったら、グーフィースタンスです。


必ず、どちらか引きやすい方向があります。





不意に後ろから押された時に、最初に出す足


次の方法は、不意に押された時に、最初に出す足で判断する方法です。


後ろから人に押されて、バランスをとるために出した足でスタンスがわかります。


左足が最初ならレギュラースタンス。


右足が最初ならグーフィースタンスです。


この方法でも、どちらのスタンスか判断できるので、試してみてください。



利き足の傾向


上で紹介した2つの方法が確かな判断方法ですが、利き足の傾向もあります。


一般的に、


右利きの人は、レギュラースタンス


左利きの人は、グーフィースタンス


が多いという傾向があります。




足の置く場所



次に足の置く場所(スタンス)を説明します。


基本的に足は、デッキのビスの上に置きましょう。


スタンス




スケボー

▲実際のデッキ。




ビスの上に両足を置いて乗れば、安定し、バランスもとりやすいです。



まずは、ビスの上を意識して足を置くようにしましょう。


スケボー




これで、スタンス、足の位置がわかったので、次は、スケボーの基本「push」を説明します。


スケボーの基本「push」


pushとは、スケボーに乗って走りながら進むことです。


前足をデッキの上に乗せた状態で、後ろ足で地面を蹴って進むことを「push」といいます。


実際に、pushを見てみましょう。


下の動画を見てみてください。

PUSH (プッシュ)[スケボー START HOWTO #1.0]



動画のように前足を乗せた状態で進むのが、pushです。


動画を見るとイメージしやすいのではないでしょうか?


ここでは、pushを初めて練習するときに、よくある間違いがあるので紹介します。


初心者の方で、後ろ足の位置が反対の場合があります。


正しい例と間違った例をイラストで説明しますね。



レギュラースタンスの場合



まずは、正しい例から。

レギュラースタンス

▲プッシュの正しい足の位置



正しい例は、上のイラストのように、デッキに乗った状態から見て、後ろ足は、「お腹側」にきます。


動画でも後ろ足は、お腹側にきて地面を蹴っていましたね。



下のイラストが間違いの例です。


レギュラースタンス

▲プッシュの間違った足の位置




イラストのように、後ろ足を「背中側」でpushする初心者の人がいます。


これは、間違ったpushです。


スピードも出ませんし、安定もしません。


かならず後ろ足は、自分の「お腹側」でpushするようにしましょう。



グーフィースタンスの場合


グーフィースタンスでも同じです。


下のイラストが正しい位置です。

グーフィースタンス

▲プッシュの正しい足の位置



こちらは、グーフィースタンスの間違った例。

グーフィースタンス

▲プッシュの間違った足の位置




チックタック


次に初心者の方が、1番最初に練習するトリックを紹介します。


トリックの名前は、TICKーTACK(チックタック)です。


まずは、実際に動画を見てみましょう。

TICK-TACK(チックタック)[スケボー START HOWTO #2.0]



スケボーに乗った状態で、振り子のように左右に動きながら進むのが、TICK-TACK(チックタック)です。



チックタックのポイントもイラスト付きで解説します。


TICK-TACK(チックタック)の3つのポイント


チックタックのポイントは、3つです。

・スタンス
・前足と後ろ足の動き
・上半身



この3つです。


順番に説明していきますね。



チックタックのスタンス


チックタックのスタンスは、先ほどのpushと少しだけ違います。


後ろ足が、少しだけ後ろのスタンスです。

チックタック




イラストは、レギュラースタンスの場合です。

チックタック

▲チックタックのスタンスは、少し広め



少しだけ後ろにする理由は、デッキの前側(ノーズ側)を浮かせやすくするためです。


チックタックは、前側を少しだけ浮かせないといけません。


前側を浮かすには、後ろ足で少し踏んであげないといけませんね。


この時、踏む足がビスの上だと、下にトラックがあるので、、、隙間が無く、浮かしづらいんです。


スケボー

▲スタンスがビスの上だと、トラックが下にあるために、踏めない。



スケボー

▲スタンスを少し後ろにしてあげれば、スペースがある場所に足がくるので、踏みやすくなります。


スタンスが後ろだと、踏みやすい。




踏みやすくなれば、ノーズも上がりやすくなりますね。



このような理由で、少しだけ後ろにスタンスをとります。



前足と後ろ足の動き


チックタックの前足と後ろ足の動きは、別々の動きです。



前足は、少し浮かす感じ。

チックタック




後ろ足は、少しだけデッキを下に押してあげるのが、コツです。


チックタック




前足と後ろ足は、別々の動きになります。



この別々の動きを意識した状態で、デッキを振り子のように振ってあげます。


チックタック







上半身の動き


チックタックでは上半身も、振り子のように左右に振ります。

チックタック




下半身も左右に振るような動きをしますが、上半身の動きがです。

チックタック



ポイント

上半身 → 下半身




上半身の先行動作を意識してあげると、前に進むことができます。


足だけでなく、上半身も大切です。





チックタックのポイントまとめ


チックタックは、スタンス、両足の動き、上半身の3つを意識してあげると上手くできるようになります。


最初は、ゆっくりでも大丈夫です。


まず、前側のデッキを浮かすというところからでもいいので、少しずつチャレンジしていきましょう。


オーリーの前に、スケボー初心者は乗り方を覚えよう


この記事で紹介した、

・push
・TICK-TACK(チックタック)


は、オーリーの前に、練習しておきましょう。


これは、とても重要です。


特に「push」は、練習しましょう。


オーリーは、デッキに乗り慣れているということも大切になってきます。


十分に「push」の練習をしていない状態、スケボーに乗り慣れていない状態だと、バランスをとることに精一杯になってしまいます。


これだと、デッキを弾くことができません。


ジャンプすることも難しいです。


なので、まずは乗り慣れることがとても大切です。


オーリーの前に、

・push
・TICK-TACK(チックタック)



この2つは、十分に練習しましょう。


最後に


今回は、スケボーの乗り方について解説しました。


最初は、慣れないかもしれませんが、練習しているうちに慣れてきます。


スケボーを楽しむ上で、大切な基礎の部分なので練習しましょう。


以上、今回は、スケボーの乗り方についてでした。


ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました