スケボー初心者にプロテクターは必要?

アイキャッチ 初心者向け
スポンサーリンク

スケボーにプロテクターって必要なの?
買うか買わないか迷う。。。



これからスケボーを始める方や、初心者の方は、このような疑問を持っている方も多いかと思います。


そこでこの記事では、


「プロテクターが必要か?


必要でないか?」


という初心者の方の疑問にお答えします。


記事を書いている僕は、スケボー歴も6年ほどあり、様々なスケーターや初心者の方にも会ってきました。


なので、かなり具体的に答えられます。


この記事を読めば、あなたに、


「プロテクターが必要か?」


「必要でないか?」



がわかりますよ。


では、いってみましょう。




スポンサーリンク

スケボー初心者にプロテクターは必要?


いきなり、結論から入りますが、プロテクターの有無は、


・始める年齢

・どんなスケボーをメインにするか?



この2つの軸で考えましょう。

詳しく解説していきますね。


始める年齢

スケボー



まずは、「始める年齢」から解説していきます。


プロテクターの必要性は、スケボーをスタートする年齢で違ってきます。


というのも、、、、


30歳、40歳から始める方と、10代〜20代の方では、仕事、家族、生活のバックグランドが全然違うからです。


30歳、40歳から始める初心者の方に、


「プロテクターなんていらない。。。」

「動きにくいから必要ない。。。」


というのは、少し無責任だと思います。


30歳、40歳の方は、仕事や家族といった社会人としての立場もあります。


もし怪我をしたら、職場や家族といった、他の人にも迷惑がかかってしまいますよね。


これが、10代や20代の学生なら、


「プロテクターなんていらないよ」


でもいいですが、、、、


30代〜40代から始めるという初心者の方は、プロテクターの購入も考えましょう。


これが、1つ目の「始める年齢」です。


次に、「どんなスケボーをメインにするか?」を解説していきます。


どんなスケボーをメインにするか?


スケボーには、主にストリートとランプの2種類に分かれます。


簡単に説明すると、


ストリートは、オーリーやフリップがメインのトリック系。

オーリー



一般的にスケボーと聞いて、イメージするのは「ストリート」です。



ランプは、下の写真のことをランプと言います。

スケートパークコバヤシ

▲ランプ



初心者のプロテクターの必要性は、どちらをメインに練習するのかでも変わってきます。


ストリートがメインなのか?


ランプがメインなのか?


これによって、必要度も違ってきます。


もし、初心者の人で小さめのランプからスタートしようと考えているのならば、プロテクターはあったほうがいいです。


ランプは、フラットで練習するよりも、転びやすいですし、肘や膝も地面に撃ちやすいです。


それと、「恐怖心」という自分との闘いもあります。




反対に、オーリーをまず練習するという方は、年齢にもよりますが、、、プロテクターは、そこまで必須ではありません。


屏風スケートボードエリア

▲オーリーは、この写真のような広いフラットなパークや、広めの公園で練習します。




自分の練習しようと思っているパークや練習場所とも関係してくると思いますので、その辺りも考慮しましょう。



ここまでを簡単に表にしてまとめてみました。

10〜20代30〜40代
ストリート×
ランプ

※表の◎が1番必要になります。



いちおうではありますが、参考にしていただければと思います。



次は、「スケボーの怪我のリスク」について少しお話します。


スケボーの怪我のリスク


スケボーでは、怪我が100パーセントないということは、ありえません。


怪我のリスクは、あります。


同じ横乗り系のスノーボード、サーフィンと比較しても、スケボーの怪我のリスクは高いです。


なぜなら、転ぶ場所が、コンクリートやアスファルトの地面だからです。


スノーボード、サーフィンは、転んでも雪の上や水の中ですが、、、、


スケボーは、硬い地面


なので、怪我のリスクはあります。


路面

▲練習場所によっては、路面の悪いパークやスポットもあります。



True players

▲綺麗なパークの路面でも、転ぶと痛いです。




擦り傷、切り傷、アザ、スネの傷、グリッチョ(足首を捻る)などの、軽めの怪我は、けっこうあります。


なので、、、


先ほどお話した、「自分の年齢」と「何をメインにするか?」は、考慮しましょう。






プロテクターのメリット・デメリット


次は、プロテクターのメリットとデメリットを簡単に紹介します。



プロテクターのデメリット


プロテクターのデメリットは、「動きづらくなる」というのがデメリットです。


スケボーは、ジャンプしたり、バランスをとったりと、全身を使って動くことが多いです。


動くことが多いので、身軽なほうが、やはり動きやすいというのはありますね。



プロテクターのメリット


怪我の予防は、みなさんイメージできますね。


これ以外での、プロテクターのメリットは、


「恐怖心を和らげてくれるとこ」


にあります。


プロテクターがあれば、恐怖心を和らげてくれ、ポジティブにチャレンジできるという心理的な作用もあります。


スケボーは、いろんなことに挑戦したり、チャレンジしていく人の方が、上達が早いです。


なので、恐怖心を和らげ、チャレンジできるようになるのは、メリットの1つです。


まとめ


・始める年齢
・何をメインにするか?
・怪我のリスク


これらをしっかり考えて、プロテクターを購入するかしないか決めましょう。





最後に、、、


ヘルメットは、被らないと滑れないスケボーパークもあるので、ヘルメットは買っておいて損はないですよ。


僕もヘルメットは、持っています。


以上、今回はプロテクターについてでした。


ではでは。

初心者向け
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
カズ

スケボーにハマったり、アトピーに悩まされたりなアラサー

【スケボー】

20歳の時に東京でスケボーに出会いハマる。

トリックをメイクした時の感動や興奮がスケボーの魅力

スケボー歴は6年

【アトピー】

子供のときからのアトピー持ち

高校の時に脱ステロイド治療→7年ステロイドやめる事に成功→しかし再発して入院→うつ、ひきこもり、寝たきりだった25歳→沖縄→現在

現在はすっかりアトピーも良くなりました。

フォローする
Life will be fun

コメント

タイトルとURLをコピーしました