【アトピー】食事で気をつけている5つのこと

アイキャッチ 考え方
スポンサーリンク

こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。

今回紹介する内容は、「健康な身体」を作るといった意味で日々取り組んでいることです。

この健康な身体を作るといったことが、結果的にアトピー予防にもなると思っています。

何かを極端に制限するいったことは少なく、ストレスを溜めること無く継続できる内容です。

早速紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク

【アトピー】食事で気をつけている5つのこと

食事でタンパク質を意識的に摂る


まず、1番意識していることはタンパク質をしっかり摂るとこと。

タンパク質



なぜタンパク質をしっかり摂るのか?

これには、2つの理由があります。


筋肉をつけ、代謝を良くし、汗をかきやすくする

汗


タンパク質は、筋肉を作るための材料になります。

運動や筋トレをした後に、タンパク質を摂取してあげないと筋肉がつきません。

筋肉がつかないと、代謝も上がりません。


代謝が上がらないと、もかけません。

汗をかくということは、アトピー改善のため、健康のためにも重要なことです。

この汗をしっかりかくためにも、タンパク質をしっかり摂取しています。

関連記事:やってよかったアトピー治療④ 【汗をかくこと。アトピーがよくなる人に共通するのは汗】



人間の体は、水分70%、タンパク質20%


人間の体は、水分が約70%タンパク質が20%で構成されています。

この数字を見ると、生きていくのに水とタンパク質が重要なことがわかりますね。

炭水化物は体を構成する要素のたった0.5%ほど。

これらの構成要素からも、タンパク質を摂取することが重要です。


カズ
カズ

タンパク質重要!!


なるべく水を飲む


先程の人間の体の構成要素が水分70%タンパク質20%ということからも、水分は大切です。

このことから、なるべくを飲むように意識しています。





水でも水道水は絶対飲まない


水で注意したいのが、水道水は絶対に飲みません。

これだけは頑なに守っています。

日本の水道水には、残留塩素が入っているためです。

「ハワイでアトピーが治った」の本にも水道水のことが詳しくかかれているので、飲まないことを守っています。


ハワイでアトピーが治った

▲ハワイでアトピーが治ったの本。水道水のことについて書いてあります。


関連記事:やってよかったアトピー治療⑥ 【ハワイでアトピーが治ったという1冊の本】


遅延型アレルギーの食べ物は意識する


僕は、遅延型アレルギーの検査をしました。


なので、反応が高かった食べ物は少し注意しています。


▼遅延型アレルギーの検査で反応の高かった食べ物

遅延型アレルギー



▼2枚目

遅延型アレルギー


これらの反応が高かった食べ物は、食べられないというわけではありません。

食べる間隔を空ければ食べることができます。


遅延型アレルギーに関しては、以前に記事にしているので参考にしてみてください。


関連記事:やってよかったアトピー治療① 【IgG遅延型アレルギー検査と食事】

関連記事:やってよかったアトピー治療② 【IgG遅延型アレルギーの反応を下げるために食事で1年間やったことまとめ】

関連記事:やってよかったアトピー治療③【IgG遅延型アレルギー検査で思ったこと、現在の食事について】


なるべく体にいい油を摂ることを意識する

油



なるべく体によい油をとることを意識しています。

オリーブオイル
ゴマ油のオレイン酸、リノール酸
魚に含まれる、オメガ3
ココナッツオイルの飽和脂肪酸。



その他にも、アーモンドやゴマなども。


これらを意識しています。

良い油は、細胞膜を正常に保ち、血管に詰まることなく、身体を良い状態に保ってくれます。


質の悪い油はなるべく避ける


反対に質の悪い油は、なるべく避けています。

例であげると、

マーガリンやショートニングなどのパン。

お菓子やインスタント食品に使用されている植物油脂。


これらは、トランス脂肪酸


細胞膜を傷つけ、アトピーでなくても様々な病気の原因になるとされています。

すべてを避けるということは難しいですが、なるべく摂らないように意識しています。


アトピーの食事療法は完璧にはできない


様々なことを意識していますが1番大切なのが、

ストレスを溜めずに継続すること

ストレスを溜めてしまうことが1番良くないことだと思います。



以前、アトピーの食事療法で失敗


以前、病院の食事療法で「肉をたべてはいけない」という食事療法をやったことがありました。


関連記事:アトピー治療失敗談④ 【大悪化して高知土佐清水で入院】


何かを食べてはいけないと制限された食事療法はストレスに。

ストレスになると、継続することが困難になります。


ストレスになるようなら食べるようにしている


食べたいものがあったら食べるようにしています。

友達が食べていたり、飲んでいるのを見ると、どうしても食べたくなったり飲みたくなることってありますよね。

そんな時は、食べますし、飲みます。


完璧を求めすぎると続かないですし、、、、


友達との食事も楽しみたいじゃないですか!!


まとめ


  • タンパク質をしっかり摂る
  • なるべく水を飲む
  • 遅延型アレルギーを考慮
  • 良い油をとる
  • 完璧を求めず、ストレスをためない程度に

5つのことを意識し、健康的な食事をなるべくするように心がけています。


参考になれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました