やってよかったアトピー治療① 【IgG遅延型アレルギー検査と食事】

アイキャッチ やってよかった治療
スポンサーリンク


こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。


今回から、「やってよかったアトピー治療」と題して、経験体験を書いていきたいと思います。

現在の自分があるのは、このやってよかった治療があるからです。

万人に当てはまるかはわかりませんが、現在アトピーで悩んでいたり、困っている人の参考になればと思います。

1回目は、IgG遅延型アレルギーについてです。

早速いってみましょう。


スポンサーリンク

やってよかったアトピー治療① 【IgG遅延型アレルギー検査と食事】

IgG遅延型アレルギー検査とは?


僕が、一番最初にやってよかったと思うアトピー治療は、遅延型アレルギーの検査です。

みなさん、遅延型アレルギーをご存知ですか?

アレルギーという言葉を聞くと、


「食べ物を食べ、その数分後に何らかの反応が体に出る」


といったイメージを持つと思います。

体に発疹ができたり、赤みをおびたり、、、、

こういった食べ物を食べた数分後にすぐでるアレルギーは、即時型アレルギーと呼ばれます。

これとは違い、、、


遅延型アレルギーは、食べてもすぐに体に出ないタイプのアレルギーです。

原因となる食物を摂取してから反応するまでに時間がかかるため、原因に気づきにくいアレルギーでもあります。

自分の好きな食べ物、普段多く食べているものがアレルギーになっていることが多くそれがアレルギーの症状として体にでます。


遅延型アレルギーの主な症状・悩み


この遅延型アレルギーは、アトピー以外にもたくさんの症状や悩みがあるので紹介しますね。

皮膚


  • アトピー性皮膚炎
  • 疱疹状皮膚炎
  • じんましん
  • 慢性白斑
  • 接触性皮膚炎

 



耳・鼻・咽頭


  • 再発性耳炎
  • 耳鳴り
  • 再発性副鼻腔炎
  • 咽頭痛
  • アフタ性口内炎
  • メニエール症候群

 


呼吸器


  • 鼻炎
  • 慢性の鼻づまり
  • アレルギー性鼻炎
  • ぜんそく
  • 慢性の咳
  • ハイナー症候群

 


消化器


  • 便秘
  • 慢性の下痢
  • 口腔アレルギー症候群
  • セリアック病
  • 腸疾患・結腸炎
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 好酸球性胃腸炎
  • 呑気
  • 腸の痛み
  • 逆流性食道炎(GERD)
  • 消化性疾患

 


心臓・循環器


  • 不整脈
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 動悸
  • 扁桃炎

 


筋肉・結合組織


  • 筋肉痛/関節痛
  • 線維筋痛症
  • 関節炎
  • 顎関節(TMJ)機能不全症候群

 


精神・認知


  • 不安
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • うつ/躁うつ病
  • 偏頭痛/頭痛症
  • 集中力欠如/ 精神疲労症

 


その他


  • 慢性疲労症候群
  • 不眠症
  • 嘔吐(むかつき)
  • 肥満
  • 過剰発汗



実際に遅延型アレルギー検査を受けた記録


遅延型アレルギーの検査を受けました。

その記録がありますので、紹介しますね。

1番最初に検査した時の結果


▼1枚目

遅延型アレルギー



▼2枚目

遅延型アレルギー



▼肉は大丈夫だけど、卵白、卵黄と卵が高反応。キウイも。

遅延型アレルギー



▼乳製品はどれも反応。牡蠣もダメ。

遅延型アレルギー



▼小麦グルテン、パン酵母、ビール酵母が高い。

遅延型アレルギー



▼きのこがダメ。

遅延型アレルギー



これらが僕の一番最初にうけた遅延型アレルギーの反応です。

高反応だったもの

  • 卵白・卵黄
  • キウイ
  • チーズ、ヨーグルトの乳製品
  • 牡蠣
  • カニ
  • ジンジャー
  • チリペッパー
  • バニラビーンズ
  • 大豆
  • 小麦グルテン
  • 全粒粉
  • サトウキビ
  • パン酵母
  • ビール酵母
  • きのこ類
  • トマト


カズ
カズ

たくさんの食べ物が高反応だった。。。。涙


1年間食事を見直し、再び検査した結果


1年間食事を見直し、再検査したときの結果です。

かなり変化がありました。

▼2回目の1枚目の検査結果

遅延型アレルギー



▼2回目の2枚目の検査結果

遅延型アレルギー



▼卵の反応は半分に減少。キウイの反応もほぼなしに。

遅延型アレルギー



▼乳製品も減少。牡蠣も高反応から低反応に。

遅延型アレルギー



▼小麦グルテン、パン酵母、ビール酵母は、ほぼ反応なしに。

遅延型アレルギー



▼きのこ類も低反応に。

遅延型アレルギー






遅延型アレルギー検査のアトピーへの効果は?


この遅延型アレルギーの治療がすべてだとは思っていませんが、、、、


1年後の遅延型アレルギーの検査結果やTARCの数値から見ても、アトピーが好転したことは確かです。

1番最初にこの遅延型アレルギー検査をした時のTARC値が5万でした。

TARC値というのはアトピー重症度検査のことです。



▼1回目の遅延型アレルギーの検査をした時のTARC値

TARC



2回目の遅延型アレルギーの検査した時のTARC値は791まで減少

▼1年間遅延型アレルギーの食事を見直してからのTARC値

TARC



遅延型アレルギーとこのTARCの検査は同時に行っていました。

よくなっていったTARC値の検査記録は、別の記事に変化の記録があるので参考にしてみてください。

関連記事:アトピー重症度検査TARCについて。TARC59920からの数値の変化


遅延型アレルギーの検査を受けてよかったこと

自分にあう食べ物、あわない食べ物がわかる


僕がこの検査を受けてホントによかったと思っていることが、


「自分はどの食べ物が合わなくて、どの食べ物は自分に合う」


ということがわかったこと。

体験として、この遅延型アレルギーの検査をする前に別の食事療法もやっており、

「アトピーに良くないからコーヒーを飲んではいけない」

と言われコーヒーは飲むのを止めていました。

ですが、この検査をしてからコーヒーを飲んでいいことがわかり、1日2杯から3杯を飲むようになります。

それでもでも、1年後のアレルギー検査で全くの変化なしの低反応

この結果から自分はコーヒーをそれなりに飲んでも大丈夫な体なんだとわかりました。


根拠のないアトピーの食事療法に振り回されなくてすむ


コーヒーの話もそうですが、根拠のないアトピーの食事療法に振り回されなくてよくなります。

〇〇はアトピーに良くないから食べてはいけない。


アトピーの原因の食べ物は〇〇だ。


といったよくある情報。

この遅延型アレルギーは、自分の血液を採取して検査するので、によって検査結果が違います。

「人によって違う」というのが当たり前だと思うのです。

食事療法も人によって違うのが普通ではないでしょうか?

僕がやっていたアトピーの食事療法は、アトピー患者全員が、肉、コーヒー、ココア、チョコレートを食べてはいけないといったもの。

肉は食べれないので、肉の代わりのタンパク質として卵は食べてもいいといった内容でした。

しかし遅延型アレルギーの検査をすると、真逆の結果に。

肉は食べてもよくて、卵はダメ。

僕のようなケースもあるので、もし今アトピーで食事療法をやっていたり、その食事療法が辛い、または疑問に感じているならば、この検査を受けることをオススメします。

関連記事:アトピー治療失敗談④ 【大悪化して高知土佐清水で入院】


アトピーじゃなくても、「食べる」ということは死ぬまでずっと続く


自分の体にあう食べのも、あわない食べ物は何か知りたくないですか?

正直、「食べる」ということは死ぬまでずっと続きます。

食べなければ生きていけませんし、健康に生きたいですよね。

自分にあわない食べ物を普段から知らずに食べていて、体が不調なんて嫌じゃないですか。。。

僕は、この遅延型アレルギーの検査をしたことは、この先の人生を生きてくためにもよかったと思ってます。


最後に


この遅延型アレルギー検査をして、高反応の食べ物はこの先ずっと食べれないわけではないので安心してください。

改善し反応が下がれば、3日に1回などと間隔をあけて食べても大丈夫になります。

これが他の食事療法と違っていいところですね。

もしアトピーで悩んでいたり、アトピーでなくても何か原因がわからない体の不調があるならば、遅延型アレルギー検査を受けてみることをおすすめします。




以上今回はIgG遅延型アレルギー検査についてでした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました