沖縄に3年住んだ僕が、地元に帰りたくなった4つの理由

沖縄 沖縄
スポンサーリンク

こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。

僕は、アトピーが良くなったことがきっかけで、約3年、沖縄に住みました

でもやっぱり地元に帰りたくなったんですよ。

今回は、沖縄に住んだけどやっぱり地元に帰りたくなった4つの理由をお話します。

この記事は以下の人にオススメです。

  • これから沖縄に移住を考えている人
  • 特に1人で沖縄に行こうと考えている人



それではいってみましょう。


スポンサーリンク

沖縄に3年住んだ僕が、地元に帰りたくなった4つの理由

沖縄の渋滞が苦痛


沖縄は、車社会です。

沖縄と聞くと、、、青い海、白い砂浜、ゆったりとした生活をイメージする人も多いかと思います。

しかし現実は、車の交通量が多く、渋滞が頻発し、ゆったりとはしていません。



各家庭、1人1台は車を持っているといっていいほど、みんな自分の車で移動します。

沖縄でも那覇から離れた北部、離島は車の量は多くはないですが、南部、中部は車がホントに多い。

特に那覇は渋滞が酷い

僕が住んでいたところは、西原町という場所で那覇からもそれなりに近く、生活には便利な場所でした。

しかし、東海岸の主要道路329号線は車の量が多く、住んでいるとけっこう嫌になりましたね。

僕は、東京にも住んだことがあり、満員電車も経験したことがありますが、、、


予測不能な沖縄の車の渋滞の方が苦痛に感じました。

電車の方が時間通りに来て、時間通りに行きたい場所に着くことができます。

沖縄での車移動も渋滞がなければいいですが、、、そうはいきません。

通勤、買い物、遊びと、常に車を使用するので、どこに行くにもそれなりに渋滞のことを考えます。


これがけっこう嫌になるんです。

性格にもよりますが、時間通りに移動できる電車のほうがいいと思う人は沖縄は合わないかもしれません。

ちなみに渋滞が酷いので、沖縄ではバスも時間どおりに来ません。笑

本数も少なく、時間通りに来ないので、沖縄でバスを利用する人は少ないです。




沖縄の家賃は安いけど給料も低い。

沖縄



沖縄の家賃は安いです。

僕が住んでいた西原町は、1Rや1Kを3万円代から借りることができます。

「東京から比べれば安い!!


と思いますよね。。。。


でも、給料も安いんです。。。

職種にもよりますが、手取り10万円代の仕事がほとんど。

東京の大都市と違い、仕事の種類もたくさんはありません。

仕事の種類に関しては、離島、北部の方に行くとなおさら少ないです。

僕は、紫外線療法でアトピーが良くなった経緯もあり、外仕事をやっていました。

それでも、家賃、固定費、ガソリン代などいろいろ払うと生活は厳しい。

自分でビジネスをしていたり、資格や専門性がある人などは、収入面で問題ないかと思いますが、沖縄で普通に仕事探して、一人暮らしをするのは正直キツかったです。


沖縄は飲み会が多く、付き合いが大変

沖縄



僕は、特に沖縄に知り合いもいなく、たった1人で沖縄に行きました。


知り合いがいなかった僕ですが、、、仕事を始めるとそれなりに付き合う人も増え、出会いもあり、飲み会をする機会も増えました。

お酒は嫌いではないけど、そこまで好きでもありません。

むしろ、健康のためにはあまり飲みたくないタイプ。

そんなタイプの僕なんですが、同年代の沖縄の知り合いからやたら飲みの誘いがきました。

そして、「模合」に入らないかという誘いも。

模合とは、何人かで集まり、みんなが一定のお金を毎月払い、定期的に1人ずつ順番に集めたお金を受け取るといったもの。



この模合に入るとそのグループで毎月1回は確実に飲み会があります。

模合は、「飲むための口実だ!!」とも地元の人は言っていました。

このような模合という文化もあり、沖縄の地元の人は、お酒が好きというのは本当です。

僕は、この模合には入りませんでした。

理由は、地元の人の同級会のような模合だったのと、お金に余裕もなかったというのもあります。

縁もゆかりもない同級会のような模合に入っても、楽しめないです。。。

そして、昔の地元の話をされてもわかりません。笑

まぁ、沖縄の人はとにかく集まってお酒を飲むのが好きなんで、お酒を飲むのがとにかく好きという人は、沖縄に向いていると本当に思います!!

逆に、飲み会が続くとしんどいという人は向かないかもしれません。


大人になって、友達のような気心しれた関係を築くことは難しい

渋滞



これは、人の性格の違いもあると思うんですが、、、


ある程度の年齢になってから「気心のしれた友達」のような関係を築くのって難しいなと思ったんです。

社交的な人、人見知りしない人、ガンガン人に絡みにいくことができる人は、問題ないと思います。

そうでない僕にとって、ある程度の年齢になってから飲みに行きたいと思うような関係を作るのって難しいと思いました。

そして「中学校、高校、大学といった学校で一緒に過ごした仲間って貴重なんだな」とも感じました。

僕の性格が内向的なのかもしれませんが、1人で沖縄にいったので「孤独」ということも少し感じました。

沖縄に1人で行き、ある程度の年齢になって気心しれた関係をつくる難しさを知ったせいか、、、、


地元に帰ってきてから、以前から知っている友達と過ごす時間の「居心地の良さ」に改めて気が付きました

まぁ、この辺は人によるかもしれませんね。。。。


最後に



沖縄に行く前に見ていたインターネットのサイトで、

「沖縄に移住するも、3年以内に帰って来る人も多い」

ということが書かれていたのを思い出します。

実際、住んでみて自分もそのように。

身をもってそのサイトの言葉の正しさがわかりました。

まぁ、何事も住んでみて経験してみないとわかりませんね。

今回は、沖縄から地元に帰ってきた理由を書きましたが、、、


アトピーが改善されたり、


人が優しかったり、


沖縄の食べ物は美味しかったり、


と、いいところもたくさんありますので!!

いいところは実際に行って体験してみてください!!

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました