【アトピーの原因の1つ】水道水の残留塩素による家の水道管の赤錆

アイキャッチ 水道水の塩素
スポンサーリンク

こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。

このブログでは、アトピーの原因の一つに、水道水の塩素の問題があると書いてきました。

その水道水の塩素の影響が、我が家でも見られるのです。

それは、水道管の赤錆

今回は、この水道管の赤錆と僕のアトピーの関係について書いていきたいと思います。

ではいってみましょう。


スポンサーリンク

【アトピーの原因の1つ】水道水の残留塩素による家の水道管の赤錆



写真でもわかるように、我が家に通っている水道水には赤錆が含まれています。

フィルター

▲写真は、浄水器のフィルターです。


フィルター

▲元のフィルターの色は白。


使用前なのでビニールに入っています。

しかし、3ヶ月もこのフィルターを使用すると、写真のようにオレンジ色に変色します。

フィルター

▲一目瞭然の変化。明らかに違いますね。

これは、水道管の赤錆の影響です。


同じ浄水器を使っている親戚の家にも尋ねた

浄水器
我が家の浄水器


この浄水器のフィルターの変色を初めて見た時に、


「なんでこんな色になるのだろう?」


と母親が思ったらしく、同じ浄水器を使用している親戚の家に尋ねました。

親戚の家は3ヶ月使用しても変色せず、我が家だけ。

築年数の古い我が家は、水道管も古いので、このようなフィルターの色になってしまいます。


リフォーム屋に水道管の交換を依頼したが、、、

浄水器
フィルター


母親が家をリフォームする時に、この赤錆と水道管についてリフォーム屋に尋ねました。


リフォーム屋が言うには、

「水道管自体を新しいものに変えることはできるけど、、、、家に通ってくるまでの水道管も同じように錆ているので、どうすることもできない」


と言われた模様。

そして、水道管を交換するのは、お金もかかると。。。。。。





水道管の赤錆の原因は、鉛の水道管


この赤錆の原因は、の水道管。

リフォーム屋によると、それなりに綺麗な物件では、の水道管は使われていないと。


鉛の代わりに、改良されている水道管が使われているとのこと。。。。


築年数の古い我が家は、鉛管


そして田舎なので、家に水がくるまでの水道管も鉛管とのこと。


実家に帰ってきて悪化したアトピー



僕は、この水道管の赤錆アトピーに影響があるのでは?と思っています。

というのも、東京で年々良くなっていったアトピーが、実家に帰ってきたら大悪化した経験があるからです。

以前に、この経験をアトピー治療失敗談で書きましたのでよかったら参考までに。



全国に交換しなければいけない水道管の数がけっこうある。


家のフィルターの件を受けてからネットで水道管について少し調べました。

調べると全国に交換しなければいけない鉛管の水道管が、かなりの数あるとのこと。



また、水道水の塩素水道管の劣化の原因でもあると。



こういった水道管が多くあることを考えると、アトピーも減らないのかなぁ〜なんて思います。


最後に


みなさんの家の水道管は大丈夫ですか?


水道管の赤錆は、アトピーの原因の一つだと僕は思っているので、築年数の古い家に住んでいる人は1回調べてみて下さい。


ではでは。



コメント

タイトルとURLをコピーしました