アトピー重症度検査、TARCが700台だったときの時の状態と気持ち

アイキャッチ TARC
スポンサーリンク


こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。

以前にTARC検査、アトピー重症度検査の数値の変化についての記事を書きました。



1番酷かった時のTARCの数値が5万

▼1番最初に検査した時の数値

TARC



▼最後に検査したときの数値

TARC



遅延型アレルギーの食事、スマーティーをつかって700台まで改善。

今回は、このTARCが700台だった時の状態について書きたいと思います。

ではいってみましょう。


アトピー重症度検査TARCが700台だったときの時の状態と気持ち

スポンサーリンク

アトピー重症度検査TARCが700台の状態


「TARCが700台はどんな状態だったのか?」


というと、


僕の場合は、乾燥が残っていた状態です。

TARCが5万の時のように、寝たきりで体が動かないような酷い乾燥ではありませんでしたが、体に乾燥が残っていました。

この時、残っていた乾燥は、スマーティーでもなかなか改善せず、、、、


をかいてもダメといった状態。

他のアトピーの患者さんのTARC700の状態がどのような状態なのかわかりませんが、、、、


僕の場合は乾燥が残っていた状態でした

アトピーで見られる皮膚の赤みはなく、乾燥のみ

この乾燥をどうにか改善したいと思っていましたね。





最後に残ったアトピーの乾燥を治したかった理由


僕は、脱保湿という保湿剤を使わないこともしていました。

普通のアトピーの治療では、お風呂やシャワーの後に保湿剤を塗りますが、、、


脱保湿の治療では使用しません。

この脱保湿の治療を推奨している、脱ステの病院もいくつかあります。

当時の僕はネットで脱保湿の情報を知り、勝手に脱保湿を取り入れていました。笑

まぁ、ただ保湿剤を使わないということだけなので、自分の意思次第なのですが、、、、

この保湿剤を使わないということをすると、どうしても乾燥が目立ってしまうのです。

これが嫌で悩みでした。

この乾燥をどうにかしないといけないと考えていましたね。

これが乾燥を治したかった理由です。

関連記事:なぜ保湿剤をやめなければならないのか?アトピー治療の脱保湿という考え方。



アトピー重症度検査TARCが700台だった当時の気持ち

はてな



1番酷かったころからアトピーの症状はかなり改善しましたが、、、、


「なんで残っている乾燥は改善しないのだろうか?」


とずっと考えていました。

あともう一歩なのに、、、といった気持ち。

なんとか乾燥を治したい。


何がダメなのだろうか?

遅延型アレルギーで食事は見直してるし、、、

スマーティーで汗もしっかりかいてる、、、

ステロイド、保湿剤は使っていない。

このようにずっと考えていました。

何かがあと一歩足りないと。。。。

そんなときに、「ハワイでアトピーが治った」という1冊の本に出会います。

この本と著者のブログのおかげで乾燥が良くなり、アトピーの考え方も変わりました。

以前に、汗についての記事で少しアトピーの考え方について触れているのでそちらも参考にしてみてください。


関連記事:やってよかったアトピー治療④ 【汗をかくこと。アトピーがよくなる人に共通するのは汗】


以上、今回はTARCが700台だったときの時の状態と気持ちでした。





コメント

タイトルとURLをコピーしました