寒い冬でもスケボーするための6つの防寒対策

コラム・雑記
スポンサーリンク

どーもカズです。

 

いきなり寒くなってきましたね。。。。

 

冬になり、寒くなると、パークやスポットにスケーターが徐々に減ってきます。。。。

 

人が少なくなるよ〜、さみしいよ〜、寒いよ〜。

 

寒いけどスケボーしたい。練習したい!!

 

そこで今回は、冬でもスケートボードをするための防寒対策を紹介したいと思います。

 

 

寒い冬でもスケボーするための6つの防寒対策

 

スポンサーリンク

ヒートテック

 

今や寒い冬には、お馴染みのUNIQLOのヒートテック。

 

ヒートテック

 

 

寒い冬には、これをインナーに着ましょう。

 

最近はZOZOでもヒートテックがでています。

 

ヒートテック

 

 

 

 

手袋、ネックウォーマー、ニット帽

 

寒い冬には、この3つは必需品。

 

手袋は、デッキテープの影響でボロボロになりやすいので、なるべく安い物を買うことをおすすめします。

 

 

ネックウォーマーが、あるとないではぜんぜん違います。

 

ネックウォーマー

 

マフラーよりも動きやすいのでおすすめです。

 

ニット帽は、スケーターの間ではお馴染みですね。

 

これ3種の神器な!!

 

着替え

 

これが1番重要かもしれません。

 

冬でも滑っている時は、汗をかきます。

 

滑り終わったあと、着替えないでそのままだと、汗で濡れたシャツの影響で急激に冷えます。

 

なので、着替えは必需品です。

 

風邪を引かないようにしましょう。

 

着替えは1番重要だと思う。

 

厚めの靴下

 

これは、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、足が冷える人は、厚めの靴下を履きましょう。

 

ただ、なるべく足の裏のデッキの感覚を大切にしたい人には、いまいちかもしれません。

 

寒い冬では、デッキがスネに当たると、夏よりも2倍近く、痛く感じるので、スネを少しでも守るために長めの靴下がオススメです。

 

冬のデッキのスネ直撃は悲劇。。。。。

 

コーチジャケットかウインドブレーカーがあると便利

 

滑る時に、着すぎて重くなるのが嫌という人には、コーチジャケットかウインドブレーカーがあると、便利です。

 

冷たい風を防げます。

 

パーカーの上から着てもいいですし、シャツの上から着てもいいので、オススメです。

 

 

室内パークに行く

 

ランプ

 

ある意味これが1番の防寒対策かもしれません。。。。笑

 

近くに室内パークがあれば利用しましょう。

 

特に、冬の夜はかなり寒いので室内パークを利用したいですね。

 

 

できれば冬は毎回、室内パークで滑りたい。

 

以上、今回は冬のスケートボードの防寒対策でした。

 

あわせて読みたい

 

スケボー初心者だからこそパークに行くことをおすすめしたい

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました