沖縄に3年住んだ僕が驚いた3つのこと

沖縄 旅行
スポンサーリンク


こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。


沖縄に約3年住んだ僕ですが、沖縄に住んで驚いたことがあります。


それは、方言ヤギ弁当屋


今回の記事は、自分のエピソードを交えてこれらのことを書いていきたいと思います。


ではいってみましょう。


スポンサーリンク

沖縄のおじぃ、おばぁ同士の会話を聞くと、何を言ってるのか本気でわからない。

おばぁ


これは自分の中でけっこう衝撃でした。


テレビなどで沖縄の方言のことは、それなりに知っていましたが、、、、


実際に現地で体験すると衝撃です。


病院の待合室での方言での会話



僕が初めて、方言をリアルに感じたのは、病院の待合室


コンタクトレンズの処方箋をもらうために、眼科に行き、待合室で待っていました。


病院なので、待合室には、おじぃおばぁがけっこういましたね。


僕は、椅子に座り順番を待っていたら、隣から聞き慣れない言葉の会話を耳にします。


最初は、方言だとわからなかった



最初は、中国海外の人も病院に来てるんだ。なんて思っていましたが、、、、


その会話のところどころに日本語も混じっていて、、、、「おやッ?」と思いました。


これは、もしや「方言」と思い、、、、隣のおばぁ同士の会話に耳を澄ます僕。


ですが、、、、何を話しているか全くわからなかったんです。


ところどころに日本語の単語は、入ったりするんですが、、、、どんな会話をしているのか全くわかりませんでした。



自分のイメージとのギャップ

沖縄



「沖縄さ〜」などの、語尾に「さ〜」とつけるのは、沖縄の方言として聞いたことがある方も多く、イメージできると思います。


僕らが知っている日本語の単語を使い、イントネーションが違うという沖縄の方言



しかし沖縄のおじぃ、おばぁ同士の方言を使った会話というのは、単語も方言を使い、文全体方言になります。


なので、どんな会話をしているのか本当にわかりません。。。


同じ沖縄でも、本島、離島で方言が違う



僕がしていた仕事のお客さんに、この病院でのエピソードを話しました。


そしたら、


中国台湾の言葉も少し混ざっている」


と教わりました。


そしてこの方言は、宮古島石垣島などの離島でも違ってくると。


沖縄本島の人は、宮古島や石垣島で使われる方言は、わからなかったりするようです。


これを聞いた時、「おもしろいなぁ〜」と思ったのと同時に、興味深いなぁとも思いました。



このおじぃ、おばぁ同士が会話で使う方言が、沖縄に住んでいた中での一番の驚きでしたね。


沖縄で働いていた会社の社長がヤギを仕入れる

ヤギ



沖縄の人は、ヤギの肉を食べるというのは聞いたことがあるかと思います。


僕もそのことは、知っていました。


テレビで、ヤギを食べるのを見たことがあったので、食べることに驚きはあまりなかったんですが、、、、


ヤギの肉を「仕入れる」ことに驚きました。


僕が沖縄で働いていた会社の社長とのやりとり



僕の働いていた会社の社長が、


「ヤギの肉たべたことあるか?」


と聞いてきて


「ないです。」と答えた僕に、社長が、


「今度ヤギ食わせてやるからな!!」


と言いました、、、、、


てっきり自分は、仕事終わりにヤギ料理のお店に行き、ヤギ料理を食べに行くものだと思っていました。


ところが、、自分の想像とは反対に、、、、、


数日後に社長が、


「ヤギ仕入れたから、ヤギ汁作ってやる」


と言いました。





ヤギを仕入れてヤギ汁を作ることに驚く



ヤギを仕入れた???????


この言葉を聞いたときは、ホントに驚きました。


全く予期していなかったし、仕入れて、社長が作るのかと。。。。。


ヤギの肉を仕入れて、一般の人も調理するということに驚きました。


沖縄で初めて食べたヤギ汁。

鍋



僕の初めて食べたヤギ料理は、社長が仕入れたヤギの肉で作ってくれたヤギ汁。


ヤギの匂いが苦手という人もいると聞いていましたが、自分はとても美味しくて、おかわりし、2杯もいただきました。


生姜フーチーバー(よもぎ)が入っていて、とても美味しかったです。


昔の沖縄では、ヤギ1頭をみんなで食べていた



ヤギ汁を食べていた時に社長が、


「昔は、ヤギ1頭を絞めて、みんなで食べていたこともあった」


と言っていました。


仕入れるだけでなく、このことにも驚きましたね。。。。。。



本州とは違う、沖縄の文化をリアルに感じた瞬間と経験でした。



沖縄は弁当屋が多い。コンビニで弁当を買うと損した気持ちになる。


沖縄は、弁当屋が多いです。


道路沿いに必ずといっていいほど、弁当屋を見かけます。



本州では馴染みのない弁当屋



僕の地元では、弁当屋というのをあまり見かけません。


あってもhottomottoなどのチェーン店


東京に住んでいた時も、チェーン店はあるけど、その他の弁当屋に馴染みもなかったし、行きもしませんでした。


弁当買うならコンビニが多かったです。


沖縄での昼飯は、弁当屋を利用


一人暮らしだった僕は、弁当屋をよく利用していました。


特に昼ご飯は、必ずと言っていいほど利用。


コンビニではなく、弁当屋です。


なぜなら、沖縄の弁当は値段も安くてボリュームも凄い。


安い弁当で300円から買えます。





コスパが最高の沖縄の弁当



300円と聞くと、


「どうせ量も少なくて値段相応なんでしょ?」


なんて思うかもしれませんが、、、、


300円の弁当の方が、コンビニの弁当よりもボリュームがあるんです。


ごはんの量、おかずの量、それぞれコンビニを上回ります。


400円の弁当なんか、かなりの量があってお腹いっぱいです。


ほとんど食べなくなったコンビニ弁当

コンビニ


沖縄に住んでいた頃は、ほとんどコンビニ弁当を食べませんでした。


たもに、買うこともありましたが、、、、、そんな時は、


「あ〜〜、この値段でこの量かぁ〜。弁当屋で弁当買えばよかったなぁ〜」


と損した気分になってしまうのです。


タバコ1箱よりも安い沖縄の弁当



僕の沖縄で働いていた時の先輩が、


「金欠だから、弁当は食べない」


と言って、お昼の休憩の時に、弁当を食べずにタバコを吸って過ごしていました。


そんな姿を見た僕は、


「弁当は、300円で売られていて、タバコより安いのに。。。。」


「タバコ吸わないで、弁当買えばいいのに」


なんて先輩には直接言いませんでしたが、心の中で思ってました。


そう、タバコ1箱よりも、沖縄の弁当は安いんです!!笑


そんな自分の沖縄の弁当でのちょっとしたエピソードでした。


沖縄に行ったときは、弁当屋にもぜひ行ってみてください。


最後に


他にも、天ぷらをおやつに食べたり、住んで2年目になると沖縄の冬も寒く感じたり、海には入らないけど、沖縄の人はビーチパーティーが好きだったり、いろいろありました。


沖縄の記事を書いていると、また沖縄に行きたくなりますね。


それでは。

あわせて読みたい


アトピーの治療で沖縄に行き、3年住んだ僕が感じた沖縄のおじぃ、おばぁが元気な理由



旅行 生活
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
この記事を書いた人
カズ

スケボーにハマったり、アトピーに悩まされたりなアラサー

【スケボー】

20歳の時に東京でスケボーに出会いハマる。

トリックをメイクした時の感動や興奮がスケボーの魅力

スケボー歴は6年

【アトピー】

子供のときからのアトピー持ち

高校の時に脱ステロイド治療→7年ステロイドやめる事に成功→しかし再発して入院→うつ、ひきこもり、寝たきりだった25歳→沖縄→現在

現在はすっかりアトピーも良くなりました。

フォローする
Life will be fun

コメント

タイトルとURLをコピーしました